風俗の常連客になる為に

かなり激しかったです、彼女

大人しそうな外見の風俗嬢に限ってアグレッシブだったりするじゃないですか。まさにそのままというか、この前遊んだEちゃんは、外見はお嬢様みたいな落ち着きのある女の子だったんですけど、ベッドの上ではかなり激しくこちらのために攻めてくれるような女の子だったんですよね。それだけでも自分自身、相当楽しめたかなって思っていますし、何よりも普通に上手だったのもあって二重の喜びがありました。ギャップ、そして普通の快感。子の二種類のおかげでその日は満足に包まれたんじゃないかなって思っています。風俗でどれだけ満足出来るのかは、結局の所相手の存在感がとてつもなく大きいじゃないですか。どれだけのことをしてくれるのかが、どれだけの満足感を生むのかを決定づけると言っても決して過言ではありません。それだけに、相手選びが重要なのは言うまでもありませんけど、大人しそうなのにあれだけ楽しめて、何も言うことが無いくらい楽しめましたね。

コンディション問題は大きい

自分がどれだけのコンディションを整えられるのかは、風俗を遊ぶ上でとても大切なことだなって思っています。なぜなら、自分のコンディションが悪かったら、どれだけ調子が良くても意味がないんです。それを実感しつつあるんですよね。というのも、風俗って相手だけの問題じゃないんです。ましてや自分だけの問題でもないんです。自分と風俗嬢の二人でその時間を生み出す訳じゃないですか。これって想像以上に重要というか、かなり大切なことでもあるんですよね。コンディションが悪いと、結局の所何をしても、それこそ相手がどれだけ尽くしてくれたとしても自分の気持ちはまったく違うものになってしまう可能性があるじゃないですか。正直、それはとっても勿体ないことだと思うんですよ。そうならないよう、風俗を楽しむ時には自分なりにいろいろなことを踏まえつつ、何が良いのかということをじっくりと考えてるので、結局コンディションはかなり大切なんですよ。