風俗の常連客になる為に

鎖骨に滲み出たエロス

鎖骨フェチなんですよ。おそらく珍しいタイプであろうことは分かるんですけど、鎖骨にいろいろな気持ちが芽生えるんです。だから風俗で遊ぶ時も、女の子の顔よりも鎖骨のラインに目が言っちゃうんですよね(笑)それくらいの鎖骨フェチです。この前遊んだRちゃんという風俗嬢もまた、鎖骨のラインがとっても綺麗な女の子でした。やっぱりそれなりに引き締まっていないとあの鎖骨のラインは出ないんじゃないかなと。痩せていれば良いって訳ではないんです。あのLINEはそれなりに筋肉も必要なんじゃないかなって思うので、彼女の鎖骨のラインに心を奪われました。そして、最後出す時も鎖骨に出させてもらうんです。第三者にとってはおかしなプレイのように思うことでしょう(笑)でも鎖骨のデルタ地帯に貯まるのが好きなんですよ(笑)あれを見ると、自分自身の「やってやった感」が満たされるんです。きれいな鎖骨を汚したという背徳感もあるのかなと思いますし。

その通りの展開だと思いますよ

予想した展開になる時もあれば、予想外の展開になることもあるじゃないですか。どんな展開になるのかは本当にその日次第なので、自分でも分からないことが多々ありますけど、前回に関しては予想通りの展開になりましたね。もちろんそれは良い意味での予想通りという意味です。風俗のホームページと口コミを見てどの相手にするのかを決めている自分は、女の子のプロフとブログの内容や更新頻度で、ある程度性格を把握します。完全に当たっている場合もあれば、あまり当たっていないケースもありますけど、その日に関してはかなり的中していましたので自分の予想していた展開になったんですよね。予感が的中するのは楽しいんですよ。だって基本的に良い予感をしていますし、それに的中するということは自分自身の風俗の経験値もそれなりものだっていう何よりの証拠にもなるじゃないですか。だから風俗で遊ぶ時には相手のことを考えるのも結構好きなんですよね(笑)